ミルフィーユ包丁(V金10号)

販売価格    12,000円(税別)

ステンレス鋼を使ったみごとな積層を文様にした、鍛造物の三徳万能包丁。使い勝手の良さ、錆びなくて毎日のキッチンのお供にぴったりです。プレゼントにも 喜ばれています。外国の方にも 特に人気です。当店では すぐ、お使いいただけるように 「本研ぎ」をしております。トマトを切ってみると その素晴らしさが 実感できます。お試し下さいね。

 

 

手打・あじ(鯵)切り包丁(両刃)「アジ切り包丁」(両刃)

販売価格    8,000円(税別)

房総の一般的な台所に、必ずある、あじ切り包丁。あじの開きや小さい魚をおろすのに。両刃と片刃があります。両刃の方がおろしやすい。野菜農家のセロリーを切るのにも活躍中。ホームステイをしたエレインは、この包丁を我が家で使い、切れたので、大変気に入ってくれました。帰国する時に、田中オリジナル(田中特製)と買っておみやげに持って帰りました。アメリカの台所でも、あじ切り包丁が使われて喜んでもらっていると思うと、とても嬉しいですね。
こちらも南房総での「おみやげ」として人気です。地元では別名「あじ切り(鯵切り)包丁」として。
お土産用のラッピングもいたします。

千葉県館山市の「ふるさと納税」の返礼品に 当店の「アジ切り包丁」と「花鋏」「草取鎌」選ばれています。

エサ切り包丁

販売価格    5,000円(税別)

船乗りの方が船の上で万能に使う小ぶりの包丁です。安来鋼で出来ていて、薄い両刃なのでとても使いやすく、ファンの方も多いです。東京から注文して下さるお客様もいらっしゃいます。是非、一度お使い下さい。ちょっとした、魚のさく切りにも、刺身に切ったり・・・。もちろん、お肉も。
南房総の「おみやげ」としても人気があります。思い出と共に残る品もいいものです。

3mmにこだわった、草取り突き

販売価格    4,300円(税別)

芝生の雑草取り用に、水仙や葉らんの収穫に。刃の幅を3mm、お客様の声を聞き、狭くお作りしました。一丁、一丁手作りの包丁の鋼の入った、鍛造物です。もちろん、研いで永く、お使いいただけます。ガーデニングにも大活躍しそうです。

株切り鋏・ロング (特注)

販売価格    12,800円(税別)

株切り鋏、木の枝や、込み入った竹の地面に近いところから「バツン、バツン」とほぼ、水平に切ることが出来るので 足を踏み入れた時に斜めの切り口になっていない為、危なくない。また、丁寧な鍛造作りです。鋼や手作りにこだわった田中オリジナル株切り鋏になります。また、お客様のご要望で 樫の木の柄を15cm長くお作りしました。・・・早速、お客様がお使いになって携帯でお電話、いただきました。「おかげさまで切れるよ。みんな、喜んでいるよ!」と。

野菜収穫包丁L型(セット)

販売価格    7,200円(税別)

「収穫包丁」に 角度がついているので より一層、刃先で野菜の軸をきるのに 適しています。レタス、白菜、キャベツ、小松菜など・・・。先日、「小松菜農家の方が これは、いい!」と喜んで買っていかれました。もちろん、赤い柄、切れ味の「手打ち 田中特製」です。専用サヤもご用意してあります。(切れる刃物は仕事の効率も違ってきます。)

野菜収穫包丁L型(手打ち)

販売価格    5,500円(税別)

「収穫包丁」に 角度がついているので より一層、刃先で野菜の軸をきるのに 適しています。レタス、白菜、キャベツ、小松菜など・・・。先日、「小松菜農家の方が これは、いい!」と喜んで買っていかれました。もちろん、赤い柄、切れ味の「手打ち 田中特製」です。専用サヤもご用意してあります。(切れる刃物は仕事の効率も違ってきます。)

儀式用包丁サヤ(特注)

販売価格    15,000円(税別)

お客様からのご要望で「儀式用包丁サヤ」をお作りしました。朴の木でお作りしています。少し、磨きがあってつやがあり、カーブの角度もとてもきれいで美しいです。儀式での様子が目に浮かびます。お客様もとても喜んで下さいました。特注なので 大きさによって15,000円からになります。送料も別途かかります。お時間も2か月位かかります。

日本型・まき割り

販売価格    15,000円(税別)

先がぷっくりしているので食い込まず、まきを割りやすい。西洋型は先が薄いので食い込みやすい。
男の方はもちろんですがお買い上げいただいた女の方からも「仕事がはかどり、半日で作業ができました」とお褒めの言葉をいただいたことがあります。

房州平鍬(小)

販売価格    21,000円(税別)

柄の長さ:90cm(背の高い方には105cmまでご用意できます)
刃   :29cm×12cm(鍬先:13.5cm)
重量  :約2Kg

包丁と同じ「切れ鋼」入りの本鍛造の鍬(くわ)は、切れ味の良さが違います!
釘を使わない手曲げの柄には樫の木を用いて、握りやすさと丈夫さを追求。熟練の職人にしか作ることのできない、技術の宝庫のような傑作です。
「ザクザク耕せて農作業がはかどる」と地域の農家さんにも好評で、中には30年以上愛用している方も。小ぶりで軽く、女性や年配の方にも使いやすいため、家庭菜園にもオススメです。
『農家が教える便利な農具・道具たち(別冊現代農業2008年10月号)』に、「房州平鍬(ぼうしゅうひらくわ)」の名で紹介されています。
“永く使える本物の道具”にこだわる田中惣一商店の鍬。一生モノを手に入れて、自分だけの一本に育て上げる楽しみを味わってみませんか。